ライバル企業のSEOキーワードをリサーチする

ビジネスサイト立上げの際に、検索キーワードを決めますが、そのリサーチ方法について紹介したいと思います。

まず、ライバル企業がどのようなキーワードでSEOをやっているかを調べる、というようなことは、本当に意味があるのか、考えてみましょう。

“ライバル企業のSEOキーワードをリサーチする” の詳細は »

国内でまだやれる事業と海外に拡大する事業の見極めと模索

事業フィールド(ドメイン)を拡大するには多言語対応による海外へのマーケット参入がトレンドでしょうか。

日本の検索エンジン、特にYSTはガラパゴス化しなくて良かったですね。

ケータイ市場がガラパゴス市場と言われて久しいですが、独自の進化が崇め奉られたのは、一昔前のことでしょう。

“国内でまだやれる事業と海外に拡大する事業の見極めと模索” の詳細は »

SEOの代行を求める依頼者とSEOの取り組み方を求める依頼者は違う

SEOサービスは上位表示一辺倒からウェブビジネスの支援という目線に切り替えて提供することが今後の業界の課題か。

検索エンジンがリアルタイムやソーシャルメディアを標榜していく状況の中で、いつまでも上位表示だけに囚われるのは、時代に取り残されていくことになるでしょう。

SEOコンサルタントという肩書きであっても、基本的には、マーケティングが出来なければ、例え、上位表示に成功しても満足のいくトラフィックの流入やコンバージョンへの貢献は出来ないと思います。

“SEOの代行を求める依頼者とSEOの取り組み方を求める依頼者は違う” の詳細は »

社長業とSEOに必要な「見抜くチカラ」は経験を重ねるしかない

外注を使う際に最も重要視したいのは信用における人材が確保できるかどうかです

セルフSEOを志向するSEO実践者でも、ちょっとした限界が見えてくることがあります。

セルフという言葉に縛られて、常に自分がひとり先頭に立って、実践と検証をして、売上げに繋げなければならないという無言のプレッシャーを自分に向けて発信するあまり、ガス欠を起こすのです。


“社長業とSEOに必要な「見抜くチカラ」は経験を重ねるしかない” の詳細は »

ユーザビリティをユーザー最適化と呼ばないのには何か理由があるのか?

SEO塾の新たな概念である「ユーザー最適化」について。ここだけのエントリーですし尚かつ未完成・・。

SEOが最適化の代名詞となりつつあることは、非常に嬉しくもあり、クライアントや新たなお客さんに対しての責任も感じているのですが、ユーザー視点での最適化はユーザビリティの促進以外はなさそうですよね。

「ユーザー最適化」と言葉を変えたほうがわかりやすいと思うのですが、IT業界は外来種なもので、一般的にわかりにくい用語が公用語となっているのは、ご容赦頂きたいところではありますね。


“ユーザビリティをユーザー最適化と呼ばないのには何か理由があるのか?” の詳細は »

 

SEOの都市伝説を活用して自らのエセをブランディングするツワモノとは

SEO都市伝説が出回る理由とそれを利用する人々について勝手気ままに妄想してみました

SEOには数々の都市伝説がありますが、この都市伝説が発生してしまうプロセスを独自に考えてみました。
この考え事自体、何の意味も無いのですが、暑さしのぎと頭の体操ということで、お暇な場合にだけエントリーの続きをご覧ください。

都市伝説そのものを頭ごなしに否定はしませんが、肯定もしません。


“SEOの都市伝説を活用して自らのエセをブランディングするツワモノとは” の詳細は »

Googleに強いSEO実践者が陽の目を見る日がやって来る

Googleのシェアが9割以上になる日が来る。SEOがGoogleだけをターゲットになればセルフSEOは少しは有利に?

セルフSEOには朗報となるのか、YahooはGoogleの検索エンジンと検索連動型広告のシステムを採用する提携を発表しましたね。

当然、マイクロソフトは怒っているらしいですが・・・。
日本での検索市場を9割がたGoogleが占有する時代の到来です。


“Googleに強いSEO実践者が陽の目を見る日がやって来る” の詳細は »

GoogleスニペットオプティマイザーというツールをSEO会社が提供している

Googleの検索結果をシミュレーションするツールを発見。アメリカはSEOに対して本当に繊細でひとつひとつに意味を持たせていると思う。

検索結果をじっと見ていると、秀逸なスニペットに遭遇することがありますよね。

スニペットにそこまで熱を入れる理由としては、タイトルを補足する説明文ということだけでなく、キャッチコピーによってクリック率を向上させる可能性もあるからだと思います。

ユニークなスニペットで有名なサイト、ご存知ですか?


“GoogleスニペットオプティマイザーというツールをSEO会社が提供している” の詳細は »

素晴らしいコンテンツを持つニッチウェブサイトからのリンクを貰うまで

ニッチウェブサイトの運営者はリンクやSEOといったことにあまり関心が無いからこそ発見が難しい。

「ニッチ」という言葉から連想されるのは、狭い、絞り込んだ、特殊などでしょうか。
ニッチマーケティングという用語もありますが、要するに、小さな市場でひとり勝ちしようではないか、というのがその根底にあると思います。

既存市場への参入で生き残るか、新たな市場を開拓するか、更には市場を作り上げるしか方法はありませんよね。
ビジネスは結局は市場の内外での戦いでもあるのですからね。


“素晴らしいコンテンツを持つニッチウェブサイトからのリンクを貰うまで” の詳細は »